【私の本棚】モヤる言葉、ヤバイ人~自尊心を削る人から心を守る「言葉の護身術」

ジェンダーに関する本棚に置いてあり、中身を少し見たら面白そうだったので読んでみました。

いろいろなケースでもやっとくる言葉を取り上げてそれに対する対処法を紹介されています。

 

文章がとても面白くて、所々声を出して笑ってしまう箇所もありました。対処法についてはちょっと実践は難しいかもしれないです…(^^;)

女性男性と言う声をめぐっての差別的な発言であったり考え方であったり、著者の考え方を読みながら自分自信についても考えるきっかけとなりました。

 

特に上の世代、おじさん世代の女性に対する差別的な発言などが先日もニュースで取り上げられているのを見ましたが、女性を尊重しない、軽んじている男性は本当に多いんだなぁと感じます。

もちろんおじさん世代だけじゃなくて、おばさん世代についても「私たちの世代は…」みたいなことで価値観が凝り固まってる人もいるように思いますが…

いずれにしても性に対する価値観が変わりつつあるとは言えまだまだフラットにはなっていない世の中だなぁと思います。

また見た目に対する差別(こういうのをルッキズムと言うらしい)についても考えるきっかけとなりました。

 

今回この本を読んで、思った事は、子供にこれをどうやって伝えていこう、と言うことです。

本の中でもいろいろなやばい発言が取り上げられていますが、そもそもこういった発言が出てくるのって幼少期からの価値観の影響もすごく大きいんじゃないかと思いました。
そして幼少期の価値観に影響するのって、家族や周りの大人の発言や態度だと思うんです。

男だからどうとか女だからどうとか偏った発言をしている大人が周りにいると、子供はそれを当たり前のものとして受け入れてしまうし、
人の見た目について平気で悪く言ったりする大人がいれば、そういうことを人に言っても平気だと子供は感じ取ると思います。

私は小さい時に外見について親や同級生からネガティブなこと(太っている、ブス等)を言われた影響で、ずっとそれがコンプレックスでした。
ある程度の年齢で痩せたりしたこともあり、容姿に対するコンプレックスは減ったものの、幼少期の周りの人間の心ない発言って、本当に何年も心の傷になるんだなぁと実感しています(今思い出しても嫌な気持ちになるし)

親については悪気があって言っていたわけじゃない事は(太っていることを否定している訳ではなかった)、大人になった今ならわかるけど、その当時はただ容姿へのコンプレックスを植え付けられただけの行為だったと思い、その点に関してはひどいことされたなぁと思います。

見た目について無神経(と感じられる)な発言をする父親に対して母親は特に何も言いませんでしたが、今思えばそこで父親に対して注意するとか私に対してフォローするとかそういったことがあったらもっと変わっていたのかなあと今思います。
自分だけじゃなくて、周囲の発言に関心を持つのも必要かと。

自分の子供にはそういった発言は絶対にしたくないし、周りの人のことも性別や見た目でジャッジする人間にはなって欲しくないと言うメッセージは伝えていきたいなと思います。

 

本書については、ジェンダー等について取り上げつつも堅苦しい本ではないので女性男性問わず読んでほしいです。

私は「こんな発言しちゃってたな」とか「こういう考え方もあるな」という新しい発見があったので身近な性について考える良いきっかけが得られると思います。

【私の本棚】時間とお金を無駄にしない!OVER30代のファッションに参考になった本

大好きなファッション関連の本を2冊読みました(*'▽')🎵🎵

♦似合う服がわかれば人生が変わる

♦骨格診断×パーソナルカラー 似合う服だけでつくる 春夏秋冬ワードローブ

 

30代になり(というかその前からですが)相変わらず「着る服がない!!」と365日言っています。

実際裸で過ごしているわけではないので、一応服は着ているのですが、

どうもしっくりこない、、、自分でも「自分はおしゃれ、ではない」という自覚あり。

「なんかイケてない、我・・・」そう思い続けて早何年?←長い

 

ファッション誌を読んだり、ショッピングしたりというのは大好きなので

なんかもっと毎日素敵な服が着たいわぁと思う訳なのですが、

もはや何を選んでいいのかわからない~~~~

 

そして今回、服選びに対するマインドを更新し、特に骨格診断の本を読んで、買うもの、そして買わないものを決めておくって大事!!と思いました。

 

マインド系ファッション本でおしゃれモチベをアップデート!

まずはマインド系ファッション本です。

具体的なアイテムよりは(必須アイテムは人によって違うと思うので・・・)、考え方などが参考になりました。

「この服を着たら最高の気分になれるかしら?」と自分に問いかけ、YESとなるものをクローゼットに残すべし、とか

5年後の理想の自分に合った服を着ているか?とか

結構心に刺さる部分もありました(;・∀・)

あと色に対する考えとか。多用しがちな黒は「高級」なものなので安易に安物で黒選ばないようにしよう・・・と思ったり。

ファッションはトータルコーディネートが重要!っていうのも言われてみれば当たり前感あるんですが、個々のアイテムに意識がいきがちなので、

小物と服の組み合わせとか、メイク・髪型とかもっと全体を考える意識必要だなと思いました。

お金のかけかたについても、「例えば、上質なバッグを合わせれば、H&Mの服も上品に見える」的なことが書いてあり、まさに全体のバランスなんだなぁとなんだか納得しました。

実際にいくらするものかよりも、全体として上質感が出るかを考えてみるのも大人女子には必要だな・・・と。

なんでもお金をかけたら良いって訳ではなく、

他のアイテムも引き上げてくれるようなものにお金を投資しようと思いました。

 

骨格診断とパーソナルカラー診断で「買い物リスト」を作成する

みんな大好き(?)骨格診断!!

私の場合「カジュアルが苦手できれいめが得意」のウェーブタイプなんですが、

きれいめとかフェミニンぽいのってあんまり着ないんだよなぁ・・・て感じで、

骨格診断自体はだいぶ前から雑誌とかネットで色々目にしていますが、実践はしていませんでした。

が!今回この本を見たら、「わ~~可愛い~~(*'▽')♡」と思えるコーディネートが沢山あり、カジュアルな服の場合の着こなしとかも載っていて読んでいてすごく楽しかったです!

どの服も可愛いのはもちろん、実例が豊富!真似したくなるぅ~~

タイプ別・アイテム別にサイズ感・素材・シルエットなど、おすすめのものがかなり詳しく書いてありましたので、携帯に全部メモしました(`・ω・´)

買い物するときはこれを参考に!

あと「苦手な服」も詳しく書いてあるので、「これは買わない!!」というのもメモメモ。

 

ショッピング大好きで、普段セールとか、プチプラショップであれやこれやと買うのですが、

正直今も気に入って着ている服ってほとんどないし、

手持ちの服とか小物のテイストがバラバラなので大して着ないでそのまま処分とか・・・ほんとお金と時間の無駄だなぁと反省_| ̄|○

 

お金と時間を無駄にしないために、「この路線でいく!!」とがっちり決めようと思いました。

雑誌とか世の中のファッショニスタ見てると「なんでも着こなせる」=「おしゃれ」のイメージが強かったのですが、それは雑誌とかネットの世界で、かつ着ているのがモデルさんとか若い子だから、、、

自分のライフスタイルと体型に合ったファッションを目指して、若々しくフレッシュでいたいものです・・・・

英語日記、その後。続けるコツ( ^ω^ )

f:id:hiyokoac:20220427212313j:image
放置していた英語日記ですが、少し前に再開しました。

自分の思っていることを英語に変換する表現力をアップさせたいので、英語日記をつけようと思い立ったわけですが、これがなかなか続かない…

 

原因としては、

•何を書いていいのかがわからない(ネタが思いつかない)

•表現のバリエーションが少ないのでいちいち調べたりするのが面倒になり、日記を書くのが億劫になる、

などが私の場合はありました。

 

ただ続けないといつまでたっても英語力はアップしないなぁと反省し、少しずつまたチャレンジしてみようと! 

 

まず形から入ろうと言うことでかわいい日記帳から準備です。

セリアでバインダーとかわいい日記のリフィルを見つけたのでこれを採用です♪

お花柄めちゃ可愛い‼️🌷

一日5行から10行位の長さになるのでちょうどいい分量です。

 

最近始めた起きてから寝るまで英語表現1000にあった表現を少し真似してみたり、辞典をひいたりネットで調べてみたりしてちょうど良い表現を探しています。

 

書くことはほんとに簡単なことばかりです。やった家事のこと、天気の事、食べたもの、今欲しいものなど…文法や単語は間違っているところもあると思いますが細かい事は気にせずとりあえず書くようにしています。

 

英語日記パーフェクト表現辞典に定型の表現が70近く掲載されていてこれがすごく使いやすいです。

この一覧をコピーしてよく使う表現は参照できるようにしています。

自分でアレンジしたり何度も書いてみたりすると少しずつ定着するような気がします。

他にもものすごい量の英語表現が載っているので日記に書いてみた表現はマーカーをひいたりしてちょっとチェックしています。